クレジットカード・銀行・消費者金融ってあるから

お金の融資を受けたいと考えたときには、銀行や消費者金融業者ごとにいくつかの種類のサービスがあります。 銀行や消費者金融ごとにカードローンやキャッシング、クレジットカードなど様々なサービスがあり、それぞれの違いやどのサービスからお金の融資を受けようか迷うこともあるのではないでしょうか。 カードローンとはキャッシュカードやクレジットカードを使って、指定された銀行口座などを通じて、金融業者によって決められている一定の利用限度内の範囲で何度も自由に借り入れることができて、返済することもできる融資サービスです。 カードローンの場合には、金融業者の店舗窓口で融資が受けられるのは勿論ですが、自動契約機やATMなどを使っても借り入れができます。 カードローンで借り入れたお金を返済するときには、多くのサービスでは一括払いではなく分割払いになります。 カードローンの種類も豊富なものがあって、銀行系のサービスもあれば消費者金融が行っているものもあります。 キャッシングはキャッシングカードやクレジットカードに付随している機能を利用して、自動契約機やATMを使って現金の融資を受ける方法のことを言います。 キャッシングによっては金融業者ごとに定義が異なるものと言うこともできますので、スマートフォンや携帯電話を使ってネット上から申し込みができるものもあります。 オンライン上で借り入れができるものを、オンラインキャッシングという呼び方もします。 キャッシングを利用した際の返済方法としては、おおむね翌月に一括払いするものが主流であると言えます。 翌月に指定されている支払い期日までに借り入れたお金に利息を加えて、金融業者に対して返済する方法になっています。 一括返済が求められるサービスですので支払う金額が大きくなることも考えられますが、予定が立てやすいとも言えますので、返済計画が立てやすく利息の計算もしやすいサービスですし、手軽に利用している人も多いでしょう。

このページのトップへ