返済の方法や金利が大きく違う

近年の日本経済は低迷期が長く続いており、平成大不況と呼ばれることもありました。それは、バブル崩壊からデフレ経済が始まり、どの分野でも価格競争が始まりました。その価格競争は、消費者にとって本当に嬉しい内容なのかはその商品の対価の問題で、それに付加価値を求めてももちろんコストの面できないことが殆どです。しかし、そのデフレ価格になれてしまった一般消費者はその基準となった安い価格に基準を置いてしまったことが間違いで、人件費の安い中国などで生産され、そこには付加価値は存在しないといえます。そのデフレ経済の根源は一度味わった以上なかなか抜け出す事ができませんが、消費増税やアベノミクス効果といわれる今、もう一度経済のあり方と、商品の本質を見抜く力が消費者にも求められている時だと思います。また、他にはリーマンショックのようなグローバルに対する大不況を起こしてしまったのも事実で、それらを乗り越えて現在があると言った状態です。アベノミクスも消費増税後、少し勢いを落としてきていますが、今が日本国民の意識を変えるときであり、商品の質と共に生活の質も考えるときに来ているでしょう。そうした、不況を招いてしまうと家計への圧迫が強く、一般のサラリーマンや主婦層でも、生活費などを補うために、消費者金融でのキャッシングを行い、借金をしてしまう人も多いようです。また、そうしたキャッシングは一度手を出してしまうと、癖になり繰り返す事の罪悪感と共に当たり前になってくる方も少なくはありません。知らないうちに元本自体が膨れ上がって返済不能や多重債務に陥ったりします。今は総量規制もあり、その借りることができる範囲はしっかりと管理されています。そうしたキャッシングを通して、返済方法で金利などは契約時にどういう返済方式を含めた返済方法を契約しているかによって金利部分が違うことになります。返済方法だけでは、キャッシングやその返済をATMなのか、口座から引き落とされるか、店頭で返すかなどそれは返済の方法であって変わりませんが、そのキャッシングを含めて契約時に残高スライド元利定額返済方式と定率リボルビング方式などに分けられます。そういった契約は、計画的に返済できるように、メリットやデメリットを把握しておく必要があり、無理の無い範囲と返済方式を含めた返済方法を理解する必要があるでしょう。

このページのトップへ