キャッシングとカードローンの違いって

キャッシングもカードローンも消費者金融や銀行などの金融機関からお金を借り入れすることは同じですが、返済方法などに違いがあります。  キャッシングは、金融機関から借り入れした場合には、翌月に返済することになっています。

カードローンは、ローンと名前がついているように借入金額に対して毎月決まった金額を返済していくことになります。  キャッシングやカードローンなどは、返済方法の違いがあるのですが、大手都市銀行や消費者金融まで同じようなサービスをしているので、金利などを見比べることが大切です。

キャッシングなどをして、お金を借り入れる場合は、金融機関から審査を受けて通らなければお金を借りることができません。  金融機関などは、貸し付けたお金を利子をつけて返してくれるお客様かどうかを、信用情報機関などに問い合わせて確認を行っています。  信用情報機関は、審査を受けている人の名前や住所や生年月日だけでなく、勤務先や年収や現在の借り入れ金額や返済状況などを把握しています。

そのため、過去に消費者金融などでお金を借り入れしていて、滞納している場合などはブラックリストに乗ってしまっていることから、新規の借り入れなどは困難になる場合があります。  ブラックリストに乗ってしまうと、キャッシングなどの少額の融資を受けることすら困難になるので、将来住宅ローンなどを契約しようと考えている場合に、銀行などの金融機関からの借り入れも困難になってしまいます。

少額の融資であっても、借入金は計画的に返済していく必要があり、滞納することによってブラックリストに乗ってしまうと、将来大きな買い物をするときに不利になることがあるので注意が必要です。

キャッシングやカードローンなどは、インターネットが普及してパソコンやスマートフォンからでも簡単に申し込むことができるようになっています。そのため、簡単に申し込むことができ、過去にトラブル等がなければ少額の融資であれば30分ほどで審査が通る場合もあります。 給料日前などに数万円の借り入れをする場合などにとてもキャッシングなどは便利であるのですが、計画的に借り入れをしないと、返済することができなくなることもあるので注意が必要です。

カードローンやキャッシングには返済方法に違いがあるのですが、基本的には借りたお金は金利をつけて返済することが決まりとなっていることから、無計画に借り入れすることは大変危険です。

人に伝えたいサイト

このページのトップへ